設計士・松井郁夫が考える「古民家再生」とは

事例1 古民家再生リフォーム 一般住宅 事例2 古民家再生リフォーム カフェ・宿・店舗

設計士・松井郁夫のプロフィール

松井郁夫 私は福井県大野市にある職人街に生まれ、伝統的な町家で育ちました。高度成長期の開発によってふるさとの景観が人為的に壊されていくのを見て、伝統的な家づくりの大切さに気付きました。そして歴史的な町並みを保存しようという運動のなかで、古民家の保存再生や木組みの技術と魅力を学びました。今は、そうした知識や想いをできるだけ多くの方に伝えたいと思っています。

古民家再生を通して伝統家屋のよさを現代に継承し、木の家の価値をさらに高め、それによってひとりでも多くの住まい手に喜んでいただけたら、これほど幸せなことはありません。

当事務所が使命として掲げているのは、むかしの知恵や工夫を今に生かし未来につなぐことです。古民家のしっかりした架構(骨組み)や希少性の高い古材を活かし、住まい手に快適で健康的な住環境をご提供すること。古民家再生によって施主様とご家族のみなさんの幸せを築けるよう、努力してまいります。

松井郁夫が考える「古民家再生」とは

松井郁夫プロフィール

  • 1現地踏査(簡易診断)
  • 2実測調査(詳細な分析)
  • 3アイデアスケッチ
  • 4基本設計・実施設計
経歴
1955年 福井県大野市生まれ
1977年 東京芸術大学美術学部 卒業
(工業デザイン専攻)
1979年 東京芸術大学大学院美術研究科(環境造形デザイン専攻) 修了
(株)現代計画研究所 入社
都市計画・アーバンデザイン 担当
本郷台駅前広場(横浜市) 設計
1985年 松井郁夫建築設計事務所 設立
1992年 まちづくりデザイン室 併設
女子美短大講師
1993年 有限会社 松井郁夫建築設計事務所 設立
東京芸術大学講師
金沢工芸大学講師
内閣府地域伝導師
2003年 ものつくり大学講師
国土交通省 大工育成塾講師 就任
2006年 株式会社松井郁夫建築設計事務所に変更
2009年 一般社団法人ワークショップ「き」組代表理事 就任
NPO「木の建築フォラム」理事 就任
2011年 愛知県立芸術大学講師
主な活動
1985年 ・全国町並保存運動に参加
1995年 ・阪神淡路大震災を機に、伝統構法を見直す「木住考」を立ち上げる
・読者とのワークショップ形式で雑誌『建築知識』に「木造住宅『私家版』仕様書」を連載
2001年 ・山と住まい手とを結ぶ「緑の列島ネットワーク」の立ち上げに参加。同ネットワーク主催の「MOKスクール」で講師を務める
・「職人がつくる木の家ネット」を立ち上げる
2003年 ・山と職人と住まい手をつなぐ、ワークショップ「き」組を発足
・未来の大工を育てる(財)住宅産業研修財団の「大工育成塾」講師としてテキストを執筆
2004年 ・伝統構法の設計者を育成するための「実践講座『木組のデザイン』ゼミナール」を開講
2009年 一般社団法人ワークショップ「き」組を設立
2009~2010年 ・NHKの企画で全国の伝統的素材を取材。コラムとイラストを手掛ける
2011~2012年 ・国土交通省の要請で全国21カ所の古民家を実測調査
受賞歴
1995年 古河市「篆刻美術館」(石蔵の再生)登録文化財
1996年 「S邸」(茅葺民家の再生)ナショナル「健康な住まい」コンテスト入賞
「陽明堂」茨城住まい匠大賞
「M邸」越谷市建築景観賞
1998年 いわきの家設計コンペ特別賞
「やなぎや薬局」(町屋の再生)大野市景観賞
2000年 「宇都宮の民家再生」東京ガス「あたたかな住空間」コンペ優秀賞
2002年 「まちづくり酒屋・情報銀行」(商家の再生)熊本県景観賞
2004年 GOODデザイン賞受賞。ワークショップ「き」組がビジネスモデルとしてGマークを取得
2007年 ワークショップ「き」組がNPO法人・木の建築フォラムの「木の建築賞」受賞
2011年 せがい造りの家がNPO法人・木の建築フォラムの「木の建築賞」受賞
執筆・メディア掲載
2013年 1月 建築技術1月号「伝統建築の省エネ設計」
2011年 12月 テレビ朝日 渡辺篤史の建もの探訪「豊田の家」
2009年 11月 住宅特集11月号「木造軸組構法の近代化」の書評
2008年 11月 木造住宅[私家版]仕様書 完全版
9月 住む。27号「雑木林を眺める家」
6月 月間さかん10月号「宮原の家」
3月 百の知恵双書016 「木組」でつくる日本の家(農文教より出版)
2007年 11月 環境建築ガイドブック
3月 日経アーキテクチュア特別増刊号「葛西の家」
2006年 10月 日経ホームビルダーNo.88「それでも使う国産材」
9月 日経ホームビルダーNo.87「葛西の家」
8月 日経アーキテクチュアNo.828「葛西の家」
5月 ニューハウスNo.607「再架構の家」
3月 木の家に暮らすNo.13「鷹巣の民家再生」
2月 室内No.614「青梅の家」
1月 はうすくらぶNo.37「福井の家」
2005年 12月 東京生活No.9「あきる野の家」
9月 木の家に暮らすNo.11「田舎暮らしを楽しむ家」
7月 木の家に暮らす 11号夏「古民家の架構を生かした家」
5月 日経アーキテクチュアNo.797「再架構の家」「深く広くなる発注者の要求」
木の家に暮らす 10号春「理想の家、誰と建てる?」「鵠沼海岸の家」
2月 ニューハウスNo.592「江古田の家II」
2004年 9月 テレビ東京 辰巳琢郎のリフォーム夢家族「あきる野の家」(再生)
6月 日経アーキテクチュア、No.772「鵠沼海岸の家」
住む。No.9「あきる野の家」
5月 ニューハウスNo.583「金沢文庫の家」
2月 テレビ東京 辰巳琢郎のリフォーム夢家族「宇都宮の家」(再生)
1月 「木組の家」に住みたい!(彰国社より出版)
2002年 12月 ウッディーライフ No.101「金沢文庫の家」
10月 テレビ朝日 渡辺篤史の建もの探訪「金沢文庫の家」
8月 住む。創刊2号「古い農家に土地の恵みを得て暮らす。」
2月 室内 No.566「山と大工と住み手でネットワークをつくって」
新建ハウジング「金沢文庫の家」
2001年 11月 別冊太陽「実測から学んだ古民家再生のルール」
木造住宅[私家版]仕様書(エクスナレッジより出版)
8月 家庭画報マンションリフォーム革命「奈良岡邸」
7月 ソトコト No.25「エコハウス情報」
6月 ウッディーライフ No.94「青木邸」(再生)
3月 造景 No.31「宮原まちづくり拠点」(再生)
室内 No.555「むかしといまをつなぐいえ」
2000年 9月 モダンリビング 「境野邸」(再生)
1999年 10月 住宅建築 「宇都宮の民家再生」
1998年 12月 木造住宅[私家版]仕様書・架構編(共著・建築知識より出版)
11月 建築設計福井「越前大野の町屋」(再生)
10月 ディテール No.138「西糀谷の家」
TOKYO MX 「これから家を建てるなら」
9月 TOKYO MX 「民家に学ぶモダニズム」
1997年 12月 ディテール No.129「水回りを再生した茅葺き農家」(再生)
10月 TOKYO MX 「地震に強い木造住宅」
9月 住宅建築「小西別荘」(再生)
8月 木の建築42号「虎見邸」
1996年 19月 月刊ハウジング「前田(斉藤)邸」
日経アーキテクチュア 建築知識「虎見邸」
住宅建築「まちづくりから住まいづくりへ」
1994年 12月 月刊ハウジング「N邸」
1991年 8月 住宅建築「鷹見泉石記念館」「篆刻美術館」(再生)

設計士・松井郁夫の「古民家再生」への想い

松井郁夫建築設計事務所の代表であり、設計士としてこれまでに25軒以上の古民家調査・修復・再生に携わってきた松井郁夫からのメッセージをご紹介します。

古民家のよさを継承しながら現代に適した家につくり変えること――それが古民家再生です

眠っている価値を「再生」させる取り組み

古民家再生・リフォームは、50~60代の方々を中心として、近年はさらに若いお客様からもご相談をいただく機会が増えています。みなさん、「安全」「健康」「エコロジー」「省エネ・省コスト」といったテーマに関する意識が高い方ばかり。以前に比べると、古民家に対する見方も大きく変わってきているように感じます。

その背景には、地球温暖化やシックハウス症候群に対する憂いや不安、「一生もの」であるマイホームが30年足らずで壊されていることのもったいなさ、相次ぐ地震への心配などがあるのでしょう。さらに長引く不況の影響を受けて省エネへの意識も高まっており、お客様の冷暖房コストに対する感覚もシビアになっているようです。

そうした住まいに関わる諸々の問題をクリアできるのが、古民家再生なのです。古民家再生とは、古民家のよさを継承しながら現代にマッチした新しい木の家につくり変えること。まさに、「古民家」で眠っている価値を「再生」させる取り組みと言えるでしょう。

古民家再生の主なメリット

[歴史的・骨董的価値]
懐かしさを感じ、長い時間を経た安らぎを得られる

[構造的・架構的価値]
太くて丈夫な古材の骨組みに包まれる安心感

[文化的・技術的価値]
職人の手仕事や昔の暮らしの温かさを感じる

古民家再生なら見た目にもこだわれる

古民家再生の特長は、機能面だけではありません。古民家の架構(骨組み)を活かしつつ新材と組み合わせることで、デザイン性に富んだ「現代の民家」をつくることも可能です。

住まいのイメージは、施主様のご要望次第。モダンテイストの家でも土間や囲炉裏がある茅葺き屋根の家でも、おつくりできます。「古民家再生で今どきの家が建つの?」と疑問や不安をお持ちの方は、ぜひ一度、実際の住まいを見てください。きっと、「本当にこれが古民家からできたの?」と驚かれることと思います。

古民家の魅力は、なんといっても新材ではお目にかかれないほどの大きな柱や、独特の色味・曲がり方をしている梁を使っていること。欅(けやき)、栗、桜といった希少性が高い古材に出会える可能性も少なくありません。そうした年季の入った力強い木を新しい家のなかで見せられるのは、古民家再生ならではと言えるでしょう。

住まい手とつくり手、つなぎ手でつくる家

長きにわたって快適に暮らしていただくには、「長きにわたって愛着を感じられる家」でなければなりません。そのためには、施主様やご家族のみなさん(住まい手)と職人(つくり手)がコミュニケーションを取りながら二人三脚で理想の家をつくっていくというプロセスが、非常に重要だと考えます。そのなかで私たち設計士は、住まい手とつくり手を結ぶ「つなぎ手」として古民家再生を全力でサポートします。

古民家再生なら松井郁夫建築設計事務所 お問い合わせや資料請求はこちら その他メディア・講演会・セミナー情報は松井郁夫建築設計事務所オフィシャルサイトをご覧ください